航空会社によって子供料金は変わってくるので注意

子どもの年齢によってはどれくらいの割引になるか変化したり、国内線国際線でも異なったりとややこしいようにも思えるかもしれませんが、まずは利用するべき航空会社を決めておきましょう。
圧倒的に安いということで知られているLCCだとしても時にはお金が余分に掛かってしまうような事態も子ども連れだと充分に有り得ることですし、まずはじっくりチェックしてみてください。

サービス内容が違うことも

ANAやJALといった大手とスカイマークといった会社は子ども割引に関しては同じような仕組みにはなっていたとしても、サービス内容が若干異なってくることもあるので調べてみましょう。
たとえばANAならば小さな子どもにはおもちゃをくれたりするけれども、スカイマークでは特になかった。というような意見もありますし、そういう点からも選んでみてもいいかもしれません。

乗ってる時間が短いなら

ただ、長時間乗るわけではないというのならばサービスなんて不要だと思われるかもしれませんし、スカイマークでも飴を配るといったサービスは実施しているので充分なようにも思えます。
泣きやすい子どもだとしても、搭乗前にしっかりとおもちゃを持ち込んであげるようにしておけば、数時間程度ならば機嫌よく過ごしてくれるはずですし、神経質になる必要もないでしょう。

何を一番に考えるのか

やはり安いのが一番大事!という風にも考えてしまいがちかもしれませんが、一番気をつけたいのはやはり安全ということになるでしょう。子どもを危険な目に遭わせるわけにはいきません。
幸いなことに日本国内では滅多に航空機事故は発生していないのですが、もしも評判が悪い会社が格安でチケットを販売しているとしても安全第一に考えて購入しないようにしましょうね。

関連する記事