格安航空会社スカイマークは子供料金はあるの?

格安航空券販売のスカイマーク。子供料金でさらに安くなるのか? - 大人が一人なのに幼児が複数人の時は座席を確保しよう

大人が一人なのに幼児が複数人の時は座席を確保しよう

赤ちゃんが二人もいる時は無理して飛行機に乗ろうとは考えないとは思いますが、2歳の子どもと赤ちゃんが一人。という風になってくると、たぶん大丈夫だろう。なんて思ってしまいがちです。
スカイマークではどのような料金になってくるかと言いますと、一人は膝の上に乗せておけば無料になり、もう一人は普通料金の半額を払って座席をキープする。という風に決まっています。

自信がないようなら

ただ、一人で二人の幼児の相手をするというのは割りと大変になってきてしまうので、普段から子どもの相手をするのに慣れているという人でない限りはあまりオススメできないでしょう。
一人に構っている間にもう一人は大騒ぎ…。なんていう羽目になってくると周囲のお客さんの迷惑にもなってしまいますし、怒られるかも。と思いながら移動時間を過ごすのは精神的に良くありません。

座席をキープしていても

生後数ヶ月の赤ちゃんがいる。ということになってくると、意識がそちらの方に向かってしまいがちかもしれませんが、均等に面倒を見るという意識は徹底するようにしなくてはいけません。
また、離陸時や発着時というのはかなりの振動が発生してしまい幼児はかなりの恐怖を感じてしまうので、きちんと座席に座れているか等をしっかり確認していく必要が出てきます。

無理して選ばないことも

かなり安く移動できるからという理由で移動に飛行機を選択する人たちもいるかもしれませんが、小さな子どもを連れているというのならば、電車移動のほうが楽になるとも考えられます。
行き先によっては空路という選択肢しか取れないかもしれませんが、関西から関東に向かうくらいならば新幹線のほうが安全で楽だとも言うことができるので、その都度じっくり考えましょう

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

アーカイブ

カテゴリー