格安航空会社スカイマークは子供料金はあるの?

大人が一人で気ままに旅行をするというのならば、早割を利用してお得に移動することも可能ですが、家族連れで小さい子供がいる場合はどの航空会社にするのがベストなのか悩んでしまいますよね。
利用する会社によっては運賃も変動していくものなので、どこにするべきか…と悩んでいるのならばスカイマークだと小児普通運賃という制度があるので積極的に利用していきましょう。

スカイマークの年齢制限は?

スカイマーク機

どれくらいの年齢だと子供としてカウントされるのだろうか?という悩みを持っているのならばまず確認しておきたいのが対象年齢になりますが、スカイマークでは3歳~12歳という風に決まっています。
だいたい幼稚園くらいから小学校卒業くらいまでなら運賃を安く抑えることができるようにもなっているといえますし、何人か子供がいる家庭なら予約の際にきちんと取るようにしてください。
3歳未満になってくると座席を確保しなくても膝の上に乗せるようにすれば無料とも言えるのですが、さすがにずっと置きっぱなしにするのはしんどいなあ…というのならば席を取るのがいいでしょう。

本来ならば子供料金が利用できたことに後から気づいたとしても払い戻しをして差額を受け取る。というのは難しいことにもなってしまうので、予約のする時には絶対に忘れないでくださいね。
ここで節約できてたら目的地に着いてからもっと遊べたのに…!なんていうことになってしまったら、楽しい旅行なのにちょっと後悔してしまって思い出が良くないものになるかもしれませんからね。

スカイマークは子供一人でもOK

これから飛び立つスカイマーク機

どうしても都合が着かなかったから祖父母の家まで子供一人で向かわせることになったけど、大丈夫かな?という心配もしてしまうかもしれませんが、スカイマークならば年齢によっては可能です。
8歳~11歳までという制限つきではありますが、ネット上から同意書をきちんと印刷した上でサービスカウンターで確認してもらうようにすれば、きちんと飛行機まで案内もしてくれるので安心でしょう。
ただ、7歳未満になってくるとどうしても同伴者は必須になってくるので、誰かしらが一緒に行くようにしなくてはいけません。小さい子供だと一人きりだと不安で泣いてしまうかもしれませんからね。

一人で乗れるようなスカイキッズサービスを利用したのならば、オリジナルのストラップとシールも貰えることになっているので、お子さんも喜ぶはずです。一度は利用してみてもいいかもしれませんよ。
乗り物慣れしていないようなお子さんをいきなり一人で飛行機に乗せるというのは少しばかり酷なようにも思えてしまうので、これから何をするかは事前にしっかりと説明しておく必要はありませんけどね。

子供がいても安心できる

夕方のスカイマーク機
一般的な航空会社とLCCでは子供が購入するべき航空券の値段というのもずいぶん違ってくるようになっているので、一概にLCCの方がお得。とは言えないので事前にチェックしておきましょう。
スカイマークなら小児運賃として大人料金の半額で乗れたとしても、LCCの場合は区分がないので一般料金を払わなくてはいけない。という風にも決まっているのできちんと値段は確認してください。
ついつい安いということで有名な航空会社だから安心してしまうかもしれませんが、蓋を開けてみれば一般航空会社の方が安かった…。ということも起こってしまうので気をつけましょう。

あんまり思い込んでしまっているとうっかり損をしてしまうことも考えられますし、子供がいる場合はどのような会社を選ぶべきなのかをしっかりと勉強しておいてください。

■TOPIC:スカイマークの国内線の特典のサービス https://www.soratabi.com/sky/
お金をかけずに楽しい旅行がしたい!できるだけ格安の航空券を手に入れたい!そんなあなたにはスカイマークがぴったりです。